【保健師専門】パートタイム・アルバイトの求人案内所

【保健師専門】パートタイム・アルバイトの求人案内所

MENU

自分のペースで仕事のできるパートやアルバイトの保健師ではありますが、デメリットもあることを理解しておかないといけません。パートのデメリットとして大きいのは、福利厚生の問題ではないでしょうか?福利厚生がほとんどない場合も多いので、求人情報をしっかりとチェックする必要があります。

 

パートやアルバイトの場合、ボーナスが出ないケースがほとんどなので収入の面では正規スタッフと比較するとだいぶ少なくなってしまいます。寸志という形でボーナスのようなものを支給している所もあるにはありますが、ボーナスと比較すれば圧倒的に少ないと思ってください。

 

また産休や育休が認められないケースもあります。特にこれから結婚して、子どもを作る可能性のある人は注意する必要があります。有給休暇は、条件によってはパートやアルバイトでも認めているケースもあります。応募をする前に求人情報や面接のときなどに待遇に関する確認をしておくといいでしょう。

 

特に企業勤務の産業保健師の場合、企業によって福利厚生の内容もさまざまです。転職先の候補にしている方は、ゼロから学ぶ『産業保健師』 | 求人探しや採用対策に関する疑問を解決で、実際にどんな求人内容になっているのか確認しておきましょう。

保健師が離職する理由の中で多いのが、仕事がハードだからというものです。日勤があったり夜勤があったりで、しかも休日も固定されていません。このため、肉体的に疲れてしまって離職する人も多いです。そして保健師の仕事のハードさの中でも大きいのは、残業です。

 

看護業務に追われていると、看護日誌などの事務的作業はつい後回しになってしまいます。その結果、最後に事務的手続きをすべて終えないといけなくなって残業せざるを得なくなってしまうわけです。中には、数時間の残業が当たり前になっている人もいます。このような生活が続けば、離職せざるを得ない状況に追い込まれてしまう可能性も大いにあります。

 

しかしパートやアルバイトの場合、常勤と比較すると残業はかなり少ないです。まったく残業がないとは言えないものの、常勤と比較すると定時で帰宅できる可能性ははるかに高いといえます。しっかりと休養がとれるので、長く同じ所で仕事をすることも可能になります。

保健師で正規スタッフとして仕事をしている人はもちろん多い半面、アルバイトやパートとして仕事をしているスタッフもいます。パートやアルバイトで仕事をするメリットとして大きいのは、ワークライフバランスをしっかりと取りながら仕事のできる所ではないでしょうか?アルバイトの場合、自分の都合に合わせたシフトで仕事ができます。

 

保健師の仕事はハードです。仕事がハードなのでついていけなくて辞めてしまう保健師の方も、特にキャリアの少ない人の間で多いです。常勤の場合、自分の希望した日に休日の取れるのは多くても月に1〜2日あるかどうかくらいといわれています。

 

しかしアルバイトで勤務することになれば、自分の好きな時間に仕事ができます。週5日出てくる必要もありませんし、案件によっては午前中だけとか午後だけといった短時間勤務などもできるケースも見られます。時間的な余裕が出てくるので、仕事だけでなくプライベートの時間もしっかりと充実できるところが魅力です。

保健師の中には、アルバイトやパートタイマーとして募集している案件があります。アルバイトやパートタイマーの場合、シフトを自分のある程度自由に組めるというメリットがあります。このため、他にもこなさないといけないスケジュールのある人は両立しやすくなります。

 

たとえば結婚して子供のいる保健師の場合、家事や育児と両立していかないといけません。また最近は高齢化社会が進んでいるので、両親の介護もしていかないといけないという人もいるでしょう。このようになにかと両立しながら仕事をしたいのであれば、パートの方がやりやすいのではありませんか?

 

その他にも、プライベートを充実させたいと思っている人にもおすすめの働き方といえます。趣味の時間もしっかりと確保したい人にはお勧めです。その他には、以前勤めていた職場があまりにもハードだった人は無理のない範囲でマイペースで仕事をしていきたいという人もいるでしょう。そのような人もアルバイトの案件を探してみるべきではないでしょうか?

パート・アルバイトの仕事をしてみたいけれども、どのくらいの給料がもらえるかわからないと思っている保健師の方も多いはずです。どこで働くかによって条件が変わってきますが、日本全国の平均で見てみると、時給で1500円前後になるのではありませんか?

 

これはあくまでも日本全国の平均で見た場合の金額です。地域によって多少の違いがあることも理解しておいてください。都市部の方が一般的に給料は高めで、地方に行けば行くほど給料は低くなってしまうと認識しておくべきです。東京が最も保健師のパート・アルバイトの給料の中では高いはずです。場合によっては2000円以上の時給で、求人の出ているケースもあります。

 

また東京の保健師の求人の中には、ボーナスが支給されるような案件も時折出ています。年に2回、正社員と比較すると少ないもののボーナスが出れば、かなり収入もよくなるはずです。このような所を目安にして、条件に恵まれた案件はないか情報収集してみるといいでしょう。